サポート情報

■目次
■Windows7/8でしばらくするとバーコードが認識出来なくなる現象について

Windows7,Windows8/8.1で、弊社バーコードリーダをお使いの場合、次の問題が発生する可能性が有ります。

1. バーコードをスキャンしても、PCにデーターが入力されない
2. バーコードをスキャンすると、バーコードリーダが反応しなくなる

どちらの場合も、Windowsの機能である省エネモードによりPCのスリープ/休止状態からの復帰時にバーコードリーダが認識出来ないことが原因と思われます。
このような場合、次の何れかをお試しください。

対応 1. バーコードリーダの抜き差し
→USBポートより、一旦バーコードスキャナを取り外し、数秒後に再接続する。
2. Windowsの省エネ設定を変更する
→Windowsの設定で、「コンピューターをスリープ状態にする」を、”なし”に設定します。

PCの種類や環境によっては、USBのセレクティブサスペンドの設定を無効にする、の設定を行うと、不具合が発生しない場合もあるようです。Windowsの省エネ設定の方法は、PCの説明書等でご確認下さい。

■外観等でわかる破損や異常について

・ケーブルコネクタのピンが折れている
・ケーブルの断線
・ケーブルの酷いねじれ
・カラカラと内部から異音がする
・その他の破損等

対応 ただちに使用を中止して(株)エリートまでお問い合わせくださいませ。
■PCの電源ON後、OS起動時の異常

・OSが起動しない
・キーボードエラーが出る

対応 PCの電源をオフにし、バーコードリーダを接続し直して下さい。
■PCの電源ON後、バーコードリーダ起動時の異常

・『ピピピッ』と起動音が鳴らない
・何度も『ピピピッ』と起動音が鳴る
・『ピッピッピッ』とエラー音が鳴る
・『ジーッ』と異音がする

対応 PCの電源をオフにし、バーコードリーダを接続し直して下さい。
■バーコードリーダ起動後の異常

・スイッチを押してもLEDが点灯しない
・LEDが点灯したままになる(読み込みモードが【通常モード】【トリガーモード】)

対応 PCの電源をオフにし、バーコードリーダを接続し直して下さい。

・LEDが点灯したままになる(読み込みモードが【自動点滅モード】【常時点滅モード】)

原因 デコーダプログラムがハングアップしている。
対応 こちら よりバーコードリーダをリセットして下さい。
※リセットすると全ての設定が破棄されますので、再度設定する必要があります。

・外付けキーボード(PS/2)やテンキー(PS/2)からの入力ができない

原因 ノートパソコン対応の設定になっている。
対応 こちら よりデスクトップパソコン対応に設定して下さい。
■バーコードスキャン時の異常

・全くスキャンできず、読み取り確認音も鳴らない

原因 バーコードに汚れや滲みがある。
印字の濃さや色に問題はある。
バーコードのスタート/ストップコードやチェックデジットに誤りがある。
バーコードの印刷が途切れている。
対応 付属の取扱説明書のバーコードサンプルをスキャンしてみて下さい。
スキャンできるならばバーコードの印字品質に原因がある可能性が高いです。
判断できない時はバーコードのサンプル(コピーは不可)を、(株)エリートまで郵送願います。
原因 2 読み込み可能なバーコードの種類が正しく選択されていない。
対応 2 こちらより バーコード種類の選択を設定して下さい。
原因 3 デコーダプログラムがハングアップしている可能性がある。
対応 3 こちら よりバーコードリーダをリセットして下さい。
※リセットすると全ての設定が破棄されますので、再度設定する必要があります。

・データの桁落ちがおこる

原因 データの送信速度が速すぎる可能性があります。
対応 こちらからデータの転送速度を変更して下さい。

・データが誤って表示される

原因 出荷時は101英語キーボード対応になっている為、一部の記号が誤って表示されます。
対応 こちらから106日本語キーボード対応に変更して下さい。

・キーボードのCapsLockがオンの状態なのに、スキャンしたデータの英字が小文字で表示される

原因 出荷時は101英語キーボード対応になっている為、一部の記号が誤って表示されます。
対応 こちらから106日本語キーボード対応に変更して下さい。

・JAN13コードの先頭の【0】を表示しない

原因 先頭【0】で始まるJAN13コードはUPC-Aコードとして認識され、本来の12桁で表示されます。
対応 こちらからUPC-A=JAN13の設定を行って下さい。

・ISBNコードを13桁で表示してしまう

原因 出荷時の状態ではJAN13コードとして認識します。
対応 こちらからISBNコード対応の設定を行って下さい。

・FullASCII CODE39の英字小文字を表示しない

原因 出荷時の状態ではスタンダートタイプとして認識します。
対応 こちらからFullASCII CODE39対応の設定を行って下さい。

・全く異なるデータを表示する(キーボード接続およびUSB接続の場合)

原因 出荷時の状態ではスタンダートタイプとして認識します。
対応 こちら よりバーコードリーダをリセットして下さい。
※リセットすると全ての設定が破棄されますので、再度設定する必要があります。

・全く異なるデータを表示する(シリアル接続の場合)

原因 お使いのパソコンのシリアルパラメータと一致していない。
対応 シリアルパラメータを設定し直して下さい。
ボーレートの設定はこちら
データビットの設定はこちら
ストップビットの設定はこちら
パリティの設定はこちら
ハンドシェイクの設定はこちら

・MS-ACCESSや一部のアプリケーションでスキャンした時、フィールドに何も表示されない

原因 出荷時の状態ではデータの末尾に【Enter+改行】を自動付加しています。
対応 こちらから【Enterのみ】の設定に変更して下さい。

・データをスキャンした後、1行多く改行してしまう。またはフィールドを1つ多く飛ばしてしまう

原因 出荷時の状態ではデータの末尾に【Enter+改行】を自動付加しています。
対応 こちらから【Enterのみ】の設定に変更して下さい。

・データを全角で表示してしまう

原因 日本語変換モードになっている。
対応 バーコードをスキャンする時は日本語変換モードを解除して下さい。

・誤読が起こる

原因 バーコードの印字品質に問題がある。
対応 誤読率を下げるには
こちらから読み取り確認回数を多く設定する。
こちらから読み取り可能バーコードの種類を限定する。
製品情報
新入荷
「MS3390」シリーズ 発売
⇒詳細はコチラ
新入荷
「FS380」シリーズ発売のお知らせ ⇒詳細はコチラ
型番変更・販売終了
磁気カードリーダー型番変更と販売終了商品のご案内
⇒詳細はコチラ
販売終了
「EL300」シリーズ 販売終了
⇒詳細はコチラ
会社情報
2017/08/07
第19回 自動認識総合展 出展のご案内 ⇒詳細は コチラ
2017/07/14
夏季休暇のご案内
⇒詳細はコチラ
2016/11/24
年末年始休暇のご案内 ⇒詳細は コチラ
2016/08/30
第18回 自動認識総合展 出展のご案内 ⇒詳細は コチラ
2016/07/12
夏季休暇のご案内
⇒詳細はコチラ
2016/03/04
メディア掲載情報
⇒詳細はコチラ
2015/12/02
年末年始休暇のご案内
⇒詳細はコチラ
2015/08/04
夏季休暇のご案内
⇒詳細はコチラ
2015/08/03
第17回 自動認識総合展 出展のご案内 ⇒詳細は コチラ

メディア掲載情報

個人情報保護ポリシー